株の初心者は知っておこう!長期投資と投資信託

株式を長期投資するのと投資信託で長期保有するのとでは、何がどう違うのでしょうか。

初心者であればまずその点からマスターしておきましょう。

◆投資信託はすべてをプロ任せにする投資。

株式投資と投資信託の違いについて知っておきましょう。

投資信託(投信)とは、証券会社が売り出している商品のことで、たとえば新興国向けのインフラ投資とか国内の上場間もない会社を応援するための商品とか、テーマを決めて1つのコンセプトで複数の銘柄をセットにしています。

複数ではなく政府系の銀行や外債などもあります。

運用はプロが行います。

満期が決まっているのでそれまでは現金化せずに保有し、一定の利回りを満期時に受け取るものです。

プロ任せの長期運用です。

◆株式投資はすべてを本人が決めて行う投資。

それに対して個人投資家が行う株式投資は、短期・長期を含めて、売買する個人がすべてを決めて運用します。

初心者であっても安定した値動きの株を買って長期保有することもできるし、その逆に値動きの激しいベンチャー企業系の株を買って、利ざやを短期売買で稼ぐやり方もあります。

《参考》はじめての株式投資について…http://europe-sustainable-development-actors-database.net/

投信と株式売買、この2つのどちらを選ぶかは初心者であっても個人の自由です。

投信をタンス預金のように使っている投資家もいます。

◆一定のお金(株の売買益)ができたら投信にまわして、数年間はプロに一任するようなポートフォリオ型のやり方もあります。

長期投資をするなら投信というのも1つの考え方です。

株式で50万円を運用するやり方もあれば、投信で50万円を運用するやり方もあります。

初心者でも損失を少なくするためにポートフォリオとして投信を活用することもできます。