株の初心者でも損をしない、儲ける方法があれば教えてください。

初心者であっても株式売買の局面で欲をかけば損をします。

感情に流されないのも損を少なくし儲けを多くする基本の1つ。

それを含めお話しします。

◆4つの事柄を徹底すれば損を最小化できる。

結論から言って、株式投資で損をしないやり方とか儲けるやり方があるなら、初心者でなくベテランでも教えて欲しいと言うはずです。

そのようなやり方は存在しないのが株式投資であると心得ておきましょう。

そのうえで、できる限り損をしないやり方ならいくつかのポイントがあります。

それをマスターしておきましょう。

第1に「欲をかかないこと」、第2に「安定した株価の銘柄を買うこと」、第3に「売買のタームを決めておくこと」、第4に「ポートフォリオをしっかりしておくこと」です。

ここで言うポートフォリオとはリスク分散という意味です。

◆株の売買で「欲をかく」とはどういうことか。

初心者がたまたま安値で購入した株が値上がりした、もっと上がるだろう、もう少し待ってみようと思うのは人間の心理ですが、これは「欲をかいた象徴的な心理」です。

決めたところまで上がったら欲を捨てて売却しましょう。

また短期に売買する株とは別に、長期保有できる安定株をもっておきましょう。

初心者にはとくにおすすめします。

長期は1年以上は売買しない、その代わり短期は1日に何回でも売買して良いなど、自分なりにガイドラインを決めておくと損失は初心者でも最小化されます。

◆損失を最小化することは利益の最大化に直結します。

初心者であればその方法から学んでいきましょう。

「初心者は利益や利幅を気にするよりも損失の最小化に努めるべき」と指摘する専門家が多数います。

株の投資はそれほど難しく、値動きも気ままです。

そうであるからこそ、逆に損失を最小化できればそれが儲けの一部でもあるので、トータルでみれば儲かる方法でもあります。

※投資するメリットについて⇒http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/011500044/052500015/?ref=lg_pc